So-net無料ブログ作成
検索選択

不幸になる生き方/ 勝間 和代 著 [book]


不幸になる生き方 (集英社新書)

不幸になる生き方 (集英社新書)



最近メディアでの露出がとても増えましたね。その反面、ちょっと眉をひそめてしまうような著書や発言があってこの人大丈夫かしらと思っていましたが、今回の本は立ち読みレベルで興味を感じたので買って読んでみました。

アマゾンの書評では悪評も散見されますが、今回の本はなかなかまともで、良い本を書かれたと思います。内容は前半は他責の人であることがいかに不幸な人生を招くかをコンコンと説き、自責な人間になって(人として成熟して)不幸を回避しながら生きようと促します。後半は幸福な人と不幸な人をわける7つのポイントということで、それを裏付ける勝間氏チョイスの法則の詳細を紹介してくれます。(1.有責の法則 2.双曲の法則 3.分散の法則 4.応報の法則 5.稼働の法則 6.内発の法則 7.利他の法則)

厳密には人間である以上自分の弱さから他責になったり、正義感から自責になったりで間を揺れ動くのが普通なんだと思います。極力、自責のスタンスでということになるのですが、自責の人であるためには自分をしっかり鍛えないとできないことですし、日本は宗教不在の為、精神的に成熟する機会が社会構造的に少ないという勝間氏の指摘がありましたが、確かにそういう側面はあると思います。この本は成熟した考え方を持つためのとっかかりを提供してくれるという意味でとても良い本です。ちなみに、私に響いた法則は双曲の法則と稼働の法則。この2つはさっそく実践してみようと思います。

本書の中で勝間氏は自分は人の機微を読むのが苦手とおっしゃってますが、メディアはダイレクトにそういった部分を伝えてしまいますから、最近の叩かれ具合を見ていると、他責の人が騒いでいるだけでなく、単純に誤解を招いている部分も多いのかなという印象を持ちました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。